櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2019.06.06 (木)

「 北方領土奪還のときは必ず来る 」

『週刊新潮』 2019年6月6日号 日本ルネッサンス 第854回 ビザなし交流で北方領土を訪れた衆議院議員、丸山穂高氏の言動は論外だが、総じて北方領土の現状についての国会議員、とりわけ野党議員の認識の貧しさには驚くばかりだ。 ビザなし交流は平成4(1992)年に始まった。日露双方が年間600人を上限に参加できる。日本からの訪問者は元島民の皆さんと親族、返還運動関係者、報道関係者、国会…

→続きを読む

2019.06.01 (土)

「 国民が参加する裁判員制度が始まって10年 今後も欠点は修正しつつ成熟することを願う 」

『週刊ダイヤモンド』 2019年6月1日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1281  国民が刑事裁判に参加する裁判員制度が始まって5月で10年、感慨深いものがある。 5月21日の紙面で「読売新聞」が特集したが、その中の全国50の地方裁判所所長へのアンケート調査では、全員が「裁判員裁判は刑事裁判に良い影響をもたらした」と回答している。 「日本経済新聞」がやはり同日の紙面…

→続きを読む

2019.05.30 (木)

「 文大統領の専制革命路線で滅びる韓国 」

『週刊新潮』 2019年5月30日号 日本ルネッサンス 第853回  自伝、とりわけ政治家のそれは割引いて読まなければならない。それにしても韓国大統領文在寅氏の『運命』(岩波書店)ほど独特の左翼臭を放つものはないだろう。 日本語版の出版は昨年10月だが、韓国では2011年の発売で、刊行2週間で書籍部門の売り上げ1位になったと書いている。 氏が北朝鮮からの難民だった少年時代のこと…

→続きを読む

2019.05.25 (土)

「 昭和天皇の御心を正しく受けとめるとともに皇室を政治利用してはならないと自戒する 」

『週刊ダイヤモンド』 2019年5月25日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1280 今年元旦、「朝日新聞」は1面トップで「昭和天皇直筆の原稿見つかる」とスクープした。昭和60年頃から病に臥せられる63年秋頃までの御製、252首が確認されたとの報道だった。 内、未発表の御製は211首あった。しかも昭和天皇の直筆で残されており、同月7日には詳細が続報された。 ところが約…

→続きを読む

2019.05.23 (木)

「 台湾が危ない、中国の侵略阻止に力を貸せ 」

『週刊新潮』 2019年5月23日号 日本ルネッサンス 第852回 週末、東京・池袋のホテルで、台湾の与党民進党の前行政院長(首相)、頼清徳氏に取材した。一言で言えば爽やかな感じの人物だ。台湾出身の金美齢氏は、「政界一の美男」と評したが、むしろ「穏やかな知性の人」という印象が先に立つ。 頼氏は59歳、元々内科医だった。政界に転じ、立法委員(国会議員)、台南市長を経て2017年9月に蔡…

→続きを読む

このページのトップへ