櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2024.05.23 (木)

「 泉さん、貴方はお母さんを何と呼ぶの? 」

『週刊新潮』 2024年5月23日号 日本ルネッサンス 第1098回 思いがけずも立憲民主党の泉健太代表とX上で相まみえることになった。好都合なことだった。これで立憲民主が提出したとんでもない「婚姻平等法案」について、ある程度世の中に知らしめることができたからだ。以下、事の顛末である。 婚姻平等法案の正式名は「民法の一部を改正する法律案」である。国会への提出は昨年3月。過日の衆議院補…

→続きを読む

2024.05.16 (木)

「 今も心して読め、前駐豪大使の「遺言」 」

『週刊新潮』 2024年5月16日号 日本ルネッサンス 第1097回 前駐豪大使の山上信吾氏が『日本外交の劣化』(文藝春秋)を上梓した。「本書は、外交官としての私の遺言である」と後書きにある。気骨ある外交官が40年にわたる外務省勤務を経て、腹を括って書いた「遺言」はまさに本音で貫かれている。 実名を挙げての外務省批判であるからには、同僚、先輩らの厳しい批判を受けるだろう。だとしても、…

→続きを読む

2024.05.09 (木)

「 戦い続けた論客、屋山太郎さんを惜しむ 」

『週刊新潮』 2024年5月2・9日合併号 日本ルネッサンス 第1096回 また一人、論客が逝った。4月9日、屋山太郎氏である。私の師であり、筆一本で人生を完(まっと)うすることをどんな時も後押しして下さった大先輩だ。報を受けて御自宅を弔問した際、屋山さんはただ眠っておられるだけのような穏やかな表情だった。 筋の通らないこと、卑怯なこと、公益に反することなどに対して、屋山さんは歯切れ…

→続きを読む

2024.04.25 (木)

「 見事な岸田演説、覚悟して実現を 」

『週刊新潮』 2024年4月25日号 日本ルネッサンス 第1095回 国賓としてワシントンを訪れた岸田文雄首相を米国は厚くもてなした。岸田氏は好感のもてる指導者の姿で、日本国の意志を明確に示し、米国と共に世界秩序を作っていくとの意気込みを語った。 一例が4月10日、首脳会談後の合同記者会見だ。岸田氏はバイデン大統領より1.5倍長く語り、日米は今や、人間の尊厳を基にした価値観を地球社会…

→続きを読む

2024.04.18 (木)

「 米社会の病い、性別違和に苦しむ少女達 」

『週刊新潮』 2024年4月18日号 日本ルネッサンス 第1094回 今日、4月9日の産経新聞に『トランスジェンダーになりたい少女たち』の広告が掲載されていた。米国人ジャーナリスト、アビゲイル・シュライアー氏の『IRREVERSIBLE DAMAGE』の邦訳で、出版元は産経新聞出版だ。 広告には「あの“焚書”ついに発刊」の字が躍る。「皆様の激励に御礼申し上げます」「Amazon総合1…

→続きを読む

このページのトップへ