櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2020.07.09 (木)

「 大平さんは「薬害エイズ」で闘い抜いた 」

『週刊新潮』 2020年7月9日号 日本ルネッサンス 第908回 長年の友、大平勝美さんが亡くなった。亡くなる2日前、氏を自宅に見舞ったとき、苦しそうではあったが明確な意志表示をして下さり、私は安堵した。大平さんが痛みを訴えた胸のあたりを優しくさすっていた女医さんがベッドサイドで語った。 「国立国際医療研究センターに入院していらしたとき、大平さんは痛み止めの薬は要らないと、拒否し続け…

→続きを読む

2020.07.02 (木)

「 敵基地攻撃を可能に、政策転換を図れ 」

『週刊新潮』 2020年7月2日号 日本ルネッサンス 第907号 中国は水のように「侵略の手」を伸ばす。水は低地に隈なく流れ込む。中国は弱い所に隈なく入り込む。米国が武漢ウイルス禍で混乱し、11月の大統領選挙で動きが鈍い現在、中国の侵略の手は日本周辺でも大胆に動いている。その状況下の6月15日、河野太郎防衛大臣が唐突に、「イージスアショアの配備計画を停止します」と発表した。 陸上配備…

→続きを読む

2020.06.25 (木)

「 国恥を忘れるな、中国の暗い原動力 」

『週刊新潮』 2020年6月25日号 日本ルネッサンス 第906回 世界に武漢ウイルスを拡散させ、すでに43万人の命を奪っているにもかかわらず、中国政府も中国人も反省の姿勢を見せないどころか、いまや次の世界秩序を構築し、世界を主導するのは中国に他ならないと主張する。横柄というべきこの態度はどこから生まれてくるのだろうか。 右の疑問は日本だけでなく、多くの国々の多くの人々が抱いているに…

→続きを読む

2020.06.18 (木)

「 燃え尽きた滋氏、その遺志を継ごう 」

『週刊新潮』 2020年6月18日号 日本ルネッサンス 第905回 6月5日、横田滋さんが亡くなった。87歳。めぐみさんをその腕に抱きしめることなく逝ってしまったが、早紀江さんは、滋さんは神様に召され天国に行ったと確信する。 滋さんはどんなときも穏やかだった。ふとした会話のときも、向き合って時間をかけてお話を伺うときも、基本的に笑みを絶やさない。しかしその穏やかな表情とは対照的に、い…

→続きを読む

2020.06.11 (木)

「 中国の豪州侵略は、日本への警告だ 」

『週刊新潮』 2020年6月11日号 日本ルネッサンス 第904回 豪州は危ういところで踏みとどまった。殆どの人々が気づかない内に中国に国を乗っ取られるところだった。すでに手遅れの分野はあるものの、中国の侵略は「まだ止めることはできる」。オーストラリア人たちが祖国を守る手立てを講じることは、まだ可能である。中国の魔の手を払いのけるのは容易ではないが、希望は豪州政府、そして一部とはいえ議会が…

→続きを読む

このページのトップへ