櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2019.07.18 (木)

「 選挙を前に激化する、朝日の安倍批判 」

『週刊新潮』 2019年7月18日号 日本ルネッサンス 第860回 7月4日、参議院議員選挙が公示され、世の中は選挙一色だ。その中で「朝日新聞」の反安倍報道が際立っている。7日の1面に政治部次長、松田京平氏の署名入りの記事が載った。「『嘲笑する政治』続けるのか」と題して安倍晋三首相を次のように批判した。 「(安倍晋三首相は)民主党政権の失敗と比較して野党を揶揄、こき下ろす。身内で固ま…

→続きを読む

2019.07.11 (木)

「 米中・米朝首脳会談、つきまとう危うさ 」

『週刊新潮』 2019年7月11日号 日本ルネッサンス 第859回 国際政治はテレビと共にある。 安倍晋三首相の20カ国・地域(G20)首脳会議での巧みな采配も、惜しくも吹き飛ばされた感がある。世界の目は板門店でのトランプ・金正恩両首脳に集中し、その他の印象を消し去った。凄いものだ。 6月30日、15時45分、トランプ大統領が韓国の「自由の家」からゆっくりと軍事境界線に向かって…

→続きを読む

2019.07.04 (木)

「 新潟選挙区、野党統一候補のおかしさ 」

『週刊新潮』 2019年7月4日号 日本ルネッサンス 第858回 「アリさん、早くこっちによけないと、ひかれちゃうよ!」 幼い少女は、列になって道路を這っている蟻の群れが車に轢かれてしまうと心配して、一所懸命、群れを道路の端に誘導しようとした。少女は横田めぐみさんである。早紀江さんが当時を懐かしみながら語った。 「幼い頃のめぐみはいつもこんなふうでした。生きものは何でも大好きで…

→続きを読む

2019.06.29 (土)

「 日本の歴史をどれだけ深く学ぶかによって近未来を切り開く道が自ずと明らかになる 」

『週刊ダイヤモンド』 2019年6月29日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 最終回  安岡正篤氏は首相まで務めた宮沢喜一氏を「ヨコの学問はできてもタテの学問がなっていない」と評した。安岡氏は、真の教養ある日本人は欧米の事情のみならず日本の文化文明、歴史を修めなければならないと言っているのである。 その意味で近年読んだ本の中でとりわけ重要だと感ずるのが白鳥庫吉博士の書いた日本…

→続きを読む

2019.06.27 (木)

「 香港で想定外の大デモ、習近平の窮地 」

『週刊新潮』 2019年6月27日号 日本ルネッサンス 第857回 習近平国家主席の大誤算といってよいであろうが、それも含めて自業自得ではないか。 香港で「逃亡犯条例」改正への反対の声はおさまらないどころか、国際社会が一斉に、香港政府と、背後で実権を握っている北京政府への非難の声を強めている。 逃亡犯条例改正への反対デモは、6月9日の日曜日には主催者発表で103万人、16日には…

→続きを読む

このページのトップへ