櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2020.04.02 (木)

「 医薬品で世界を支配する中国 」

『週刊新潮』 2020年4月2日号 日本ルネッサンス 第895回 世界中が武漢ウイルスの襲来で右往左往する中でじっと目を凝らし、この混乱を如何に利用するか、世界を舞台にしたグランドチェスゲームを考えている国がある。他ならぬ中国だ。 彼らは武漢ウイルスへの初期対応を誤り、中国全土のみならず世界全体にウイルスを拡散させた張本人だ。その結果、3月24日現在、世界の感染者は37万4921人、…

→続きを読む

2020.03.26 (木)

「 メディアこそ武漢ウイルス克服の最大の障害 」

『週刊新潮』 2020年3月26日号 日本ルネッサンス 第894回 安倍晋三首相のメッセージをどう受けとめ、どう活かすか。それは日本人が武漢ウイルスとどのように戦い、どのように日本を守っていくかという問いでもある。 武漢ウイルス感染症に関する特別措置法の改正を受けて行った3月14日の会見で、首相は終始謙虚だったと私は思う。まず、法案成立に協力した与野党に感謝し、緊急事態に至ったと判断…

→続きを読む

2020.03.19 (木)

「 武漢肺炎、制圧に向けさらに力を尽くそう 」

『週刊新潮』 2020年3月19日号 日本ルネッサンス 第893回 小中高全校休校などの緊急措置はいつ解除できるのか。武漢ウイルスとの国を挙げての戦いについて、3月9日、政府の専門家会議は、あと10日間、19日頃まで「大規模イベントの自粛など感染防止措置は続けてほしい」と、呼びかけた。 加藤勝信厚労大臣も専門家会議の意見を踏まえて、15日を目途に次の段階を示す方針を発表する予定だ。 …

→続きを読む

2020.03.12 (木)

「 ウイルス・経済・外交、行き詰まった習近平 」

『週刊新潮』 2020年3月12日 日本ルネッサンス 第892回 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス封じで、安倍晋三首相が矢継ぎ早に対策を打ち出した。 2月25日には基本方針を決定し、各種イベントの一律自粛は求めないが、各団体は開催の必要性を再検討してほしいと要請した。 26日、日本が武漢ウイルス蔓延を防げるか否か、今後2週間が岐路になるとの専門家の意見を容れて、首相…

→続きを読む

2020.03.05 (木)

「 日本も世界も知らされない、中国恐怖の実態 」

『週刊新潮』 2020年3月5日号 日本ルネッサンス 第891回 中国の習近平政権が最大の危機に直面している。中国の危機からわが国は何を学ぶのか。中国と同じ過ちを犯さないために、わが国は何をすればよいのか、安倍政権の正念場である。 歴史上、中国は日本にとって永遠の艱難である。災いを回避するには、なんとしてでも賢く対処することだ。 いま世界に広がりつつある新型コロナウイルスの流行…

→続きを読む

このページのトップへ