櫻井よしこ オフィシャルサイト http://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2017.01.14 (土)

「 天皇陛下の譲位、総選挙、憲法改正 国政は今秋から大仕事がめじろ押し 」

『週刊ダイヤモンド』 2017年1月14日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1165 国政は今年秋から再来年の平成31(2019)年までが大仕事を成し遂げる年だと、安倍晋三首相に最も信頼されている記者の1人は語る。天皇陛下のご譲位、総選挙、憲法改正案の発議と国民投票などがこの間になされるとの読みだ。   これは昨年12月30日、「言論テレビ」の番組で、「産経新聞」の名物記者、…

→続きを読む

2017.01.12 (木)

「 真珠湾攻撃の意味を変えた首相訪問 」

『週刊新潮』 2017年1月12日号 日本ルネッサンス 第736回 皆さんのお目にとまる頃この記事はもう古くなっているかもしれないが、ハワイ州立大学の恩師、ジョージ・アキタ名誉教授は、安倍晋三首相とバラック・オバマ大統領が年末の12月27日、揃って真珠湾を訪れたことをとても喜んでいた。 ハワイ生れの日系2世である教授は今年91歳になる。真珠湾攻撃のときは15歳だった。師が語った。 …

→続きを読む

2017.01.07 (土)

「 元記者が暴露する捏造だらけの朝日新聞 そのコア読者に嫌われるのは至上の名誉 」

『週刊ダイヤモンド』 2016年12月31日・2017年1月7日合併号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1164 世界は大乱世の時代のとば口に立っている。2017年、戦後見慣れてきた国際社会の安寧と秩序が脅かされる危険がある。そのとき、日本を取り巻く国際環境を正確に読み取ることができれば、私たちは必ず問題の突破口を開き、乗り越えていける。希望的観測や過度の悲観論を横に置いて、内外の…

→続きを読む

2017.01.05 (木)

「 日露交渉、一本とられた日本 」

『週刊新潮』 2016年12月29日、2017年1月5日号 日本ルネッサンス 第735回 柔道流に表現すれば、日本は一本とられたということだ。   12月15、16の両日、山口県長門市と東京で行われた日露首脳会談には辛い点をつけざるを得ない。平和条約締結にも北方領土の帰属問題にも進展は見られないまま、経済プロジェクトが先行する形になった。   日本の「敗北」の背景には、都合16回の…

→続きを読む

2016.12.24 (土)

「 朴大統領弾劾運動の背後に北朝鮮勢力 現実になりそうな「韓国の消滅」 」

『週刊ダイヤモンド』 2016年12月24日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1163  大韓民国という国が消滅する。フィクションのようなことが、現実になるかもしれない状況が生じている。   崔順実(チェ・スンシル)という女性実業家に便宜を図り、国政への介入を許した朴槿恵大統領は弾劾されたが、機密情報を民間人に漏らすなどしており、仕方がないことだろう。同時に、弾劾に向けて暗躍…

→続きを読む

このページのトップへ