櫻井よしこ オフィシャルサイト https://yoshiko-sakurai.jp/

著作一覧


日本の危機

日本の危機

どこがどう狂っているのか。いつ頃から、どんな契機で狂い始めたのか。誰が主犯格か。犯人は特定できたか。一体なぜ見過されてきたのか。そしてその間、国民は何をしていたのか―我々個々人が危機に立ち向かうためのフルメタル・ジャケット。

頁数 281 頁 出版社 新潮社 発売日 1998/08
エイズ犯罪・血友病患者の悲劇

エイズ犯罪・血友病患者の悲劇

「お母さん、この恨み、晴らして…」。血友病患者はなぜ“エイズ感染”という悲劇に直面しなければならなかったのか。薬害エイズ裁判「東京HIV訴訟」に鋭く迫り、医師、厚生省、製薬会社の責任を厳しく問う。第26回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

頁数 342 頁 出版社 中央公論社 発売日 1998/08
論戦2

論戦2

警視庁不正疑惑、日韓領土問題、少年法改正論、日米安全保障論、薬害エイズ、中国の覇権主義、北朝鮮危機、脳死と臓器移植法、荒廃する国土、沖縄ヘリポート移設問題、日本港運協会の権力、高い喘息死亡率の原因、富山県“風の盆”考…。大反響を呼んだ「週刊ダイヤモンド」連載評論集『桜井よしこが取材する』(1994年刊)、『論戦』(1996年刊)に次ぐ第3弾。

頁数 330 頁 出版社 ダイヤモンド社 発売日 1998/03
直言!日本よ、のびやかなれ

直言!日本よ、のびやかなれ

嫌われてもいいから、自分の思うことを発言する人が増えない限り、日本は良くなっては行かない。日本らしさと経済の繁栄、豊かな自然と正しい歴史認識を得るために、あえて直言する。〈ソフトカバー〉

頁数 228 頁 出版社 世界文化社 発売日 1996/12
論戦

論戦

「薬害エイズ」、「日米安全保障論」、「北朝鮮問題」など克明に「事実」を追い、「論戦」を挑む。大宅賞作家による時論・時評集。

頁数 291 頁 出版社 ダイヤモンド社 発売日 1996/06
寝ても醒めても〔エッセイ集〕

寝ても醒めても〔エッセイ集〕

生活のすべてが仕事につながるエキサイティングな毎日が楽しい。ニュースキャスターの哀歓。

頁数 283 頁 出版社 世界文化社 発売日 1994/12
櫻井よしこが取材する

櫻井よしこが取材する

新聞の報道、TVの政見放送、官僚の論文、法廷での陳述…。何気なく見過ごしてしまう数多の出来事に著者独自の視点でメスを入れる。

頁数 260 頁 出版社 ダイヤモンド社 発売日 1994/06
「政治」は誰のものか―迷走する日本の政治の核心に迫る

「政治」は誰のものか―迷走する日本の政治の核心に迫る

一体、政治家は何を考えているのか。憲法改正、コメ自由化、佐川疑惑…。国民が知らない政治家のホンネにズバリと斬り込んだ、辛口・迫真のインタヴュー集。

頁数 259 頁 出版社 PHP研究所 発売日 1993/01
ライサ・ゴルバチョフ―鉄道員の娘からファーストレディへ〔翻訳〕

ライサ・ゴルバチョフ―鉄道員の娘からファーストレディへ〔翻訳〕

1932年、ライサは鉄道員の家庭に生まれた。時代はスターリンの治世下、政府批判がもとで父親は強制収容所に送られるなど、親子は引っ越しを繰り返す極貧生活を余儀なくされた。しかし、ライサは我慢強く賢い娘だった。やがて、モスクワ大学へ入学。そこで出会ったのが、ミハイル・ゴルバチョフ。2人にとっては、その後の人生を大きく変える出会いとなった…。

頁数 244 頁 出版社 ダイヤモンド社 発売日 1991/03
ちょっと問題!TOKYO国際報道

ちょっと問題!TOKYO国際報道

頁数 244 頁 出版社 講談社 発売日 1985/12


このページのトップへ