櫻井よしこ オフィシャルサイト http://yoshiko-sakurai.jp/

コラム

2017.06.08 (木)

「 白村江の戦い、歴史が示す日本の気概 」

『週刊新潮』 2017年6月8日号 日本ルネッサンス 第756回 少し古い本だが、夜久正雄氏の『白村江の戦』(国文研叢書15)が非常に面白い。   昭和49(1974)年に出版された同書を、夜久氏が執筆していた最中、日本と中華人民共和国との間に国交が樹立された。中華民国(台湾)との国交断絶を、日本政府が北京で宣言する異常事態を、氏は「これは私には国辱と思へた」と書いている。72年の田中…

→続きを読む

2017.06.03 (土)

「 「自分ファースト」に映る小池都知事 言葉に信を置けない同氏の実行力を注視 」

『週刊ダイヤモンド』 2017年6月3日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1184 飯島勲氏といえば長年小泉純一郎元首相に仕えた人物として名高い。   小池百合子氏といえば、政党を渡り歩き、多くの政界実力者に接近してきたことで名高い。都知事就任以降の氏は、敵を作って対立構造に仕立て、相手を悪者、自身を改革の旗手と位置づけて、高い支持率を保つ。   次から次へと敵を作り出し…

→続きを読む

2017.06.01 (木)

「 吉田清治氏長男、父親の謝罪碑書き換え 」

『週刊新潮』 2017年6月1日号 日本ルネッサンス 第755回 5月19日、インターネット配信「言論テレビ」の番組「言論さくら組」でジャーナリストの大高未貴さんがスクープを披露した。 「言論さくら組」は今年2月に発足した、物言う若手女性たちの一団が出演する番組である。私自身は若くないが、頼もしく勇気のある女性、世の中の不条理に疑問を感じ、そのことについて思い込みで判断するのではなく…

→続きを読む

2017.05.27 (土)

「 自衛隊は違憲のまま放置すべきでない 国際情勢の厳しい今こそ改正へ歩みを 」

『週刊ダイヤモンド』 2017年5月27日号 新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1183  安倍晋三首相が、憲法改正の直球を投げた。現実主義の極みを行くその提言で、停滞しきっていた憲法改正論議が賛否両論共に、俄かに活性化した。   首相は5月3日の「読売新聞」紙上で単独インタビューとして改正への斬新な考えを披瀝した。同日午後には「民間憲法臨調」などが主催する「公開憲法フォーラム」…

→続きを読む

2017.05.25 (木)

「 首相提言で改憲論の停滞を打破せよ 」

『週刊新潮』 2017年5月25日号 日本ルネッサンス 第753回 停滞の極みにある憲法改正論議に5月3日、安倍晋三首相が斬り込んだ。➀2020年までに憲法改正のみならず、改正憲法を施行したい、➁9条1項と2項を維持しつつ、自衛隊の存在を明記したい、➂国の基(もとい)は立派な人材であり、そのための教育無償化を憲法で担保したい、という内容だ。   それまで弛緩しきっていた憲法改正に関する…

→続きを読む

このページのトップへ