櫻井よしこ オフィシャルサイト http://yoshiko-sakurai.jp/

著作一覧


教育が拓く未来

教育が拓く未来

「戦後民主主義教育」「ゆとり教育」の失敗を超えて、気がついた大人たちはもう取り組んでいる!子どもたちを伸ばす意欲的な実践を報告。

頁数196頁 出版社PHP研究所 発売日2004/3
  • bookを購入
あなたの「個人情報」が盗まれる

あなたの「個人情報」が盗まれる

住基ネットの導入で日本は情報戦に敗れる。脱・住基ネット宣言。

頁数274頁 出版社小学館 発売日2003/8/20
  • bookを購入
論戦2003-明日への道を拓け

論戦2003-明日への道を拓け

国益すら考えられない政治家の無能、自らの立場をわきまえない官僚の横暴、自立性なき日本の外交、将来を見据えない頑迷な守旧派、住基ネットと個人情報保護法案に潜む危険な問題点、―この国をとりまくさまざまな問題を痛烈に衝く、桜井よしこの最新時論集。

頁数255頁 出版社ダイヤモンド社 発売日2003/5
  • bookを購入
大人たちの失敗

大人たちの失敗

お金や物は、人間の心を豊かにする手段である。しかし、いつしかお金や物を多く持つことが、多くの日本人の目的になってしまった。そんな価値観に染まり、心を置き忘れて育った子どもや若者たちに、その責任を追及しても、それはお門違いというものだ。彼らを夢のない、心なき人間に育ててしまった責任は、親、大人以外にない。これを失敗と言わずして何と言うのか。日本再生の方途を問う力作評論。

頁数215頁 出版社PHP研究所 発売日2002/11
  • bookを購入
GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた

GHQ作成の情報操作書「眞相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた

これは「真相」か、それとも「洗脳」か!?敗戦直後、GHQは占領政策の一環として「太平洋戦争の真相を日本国民に知らせる」ためのラジオ番組を作った。それは「真相はかうだ」「真相箱」「質問箱」と名称を変えながら、三年にわたりお茶の間に日本の犯罪を告発し続けた。真実の中に虚偽を巧妙に散りばめ“帝国主義の悪が民主主義の正義に屈した”との観念を植え付けるGHQの思惑は成功し、いつしか日本人の歴史観や戦争観を規定した。「真相箱」の原作本を復刻、戦後日本の混迷を招いた「問題の書」を白日の下にさらし、桜井よしこ氏が徹底解析する。

頁数444頁 出版社小学館 発売日2002/8/1
  • bookを購入
論戦2002-変わるのは今しかない

論戦2002-変わるのは今しかない

混迷深まる現在を鋭く問うジャーナリストの最新時評集。

頁数246頁 出版社ダイヤモンド社 発売日2002/6
  • bookを購入
日韓歴史論争-海峡は越えられるか

日韓歴史論争-海峡は越えられるか

慰安婦強制連行は歴史的事実か?日韓併合の動機?謝罪外交はどう終らせる?阪神大震災に見えた新しい時代の予感とは?日韓の対話によって、その歴史を辿り、その真の全体像に迫る。征韓論を初めとする、両国の近代に横たわる多くの論点を事実のみに基づき、タブーを恐れず二十時間徹底討論。

頁数343頁 出版社中央公論新社 発売日2002/6
  • bookを購入
薬害エイズ「無罪判決」、どうしてですか?[共著]

薬害エイズ「無罪判決」、どうしてですか?[共著]

血友病患者にエイズ禍を招いた未曾有の薬害事件。その責任を問う裁判の判決が言い渡され、安部英医師に無罪が宣告された。この「無罪」判決を受け、本書は専門家の責任を徹底考察する。

頁数224頁 出版社中央公論新社 発売日2001/12
  • bookを購入
データで読み解く日本のかたち-毎日のニュースが面白いほどよくわかる

データで読み解く日本のかたち-毎日のニュースが面白いほどよくわかる

今、自分たちの国はどうなっているのか。

頁数238頁 出版社素朴社 発売日2001/10
  • bookを購入
立ち上がれ!日本「力強い国家」を創る戦略[共著]

立ち上がれ!日本「力強い国家」を創る戦略[共著]

頁数278頁 出版社PHP研究所 発売日2001/9
  • bookを購入


このページのトップへ