櫻井よしこ オフィシャルサイト http://yoshiko-sakurai.jp/

著作一覧


一冊まるごと櫻井よしこさん。 (別冊正論29)

一冊まるごと櫻井よしこさん。 (別冊正論29)

日本を代表する言論人である櫻井よしこさん。講演やテレビ出演で目にすその姿は、居並ぶ男性諸氏と同じかそれ以上に大きく見えます。でも、実はかなり小柄な女性なんです。実際の身長は「あとがき」をお読みください。

目玉特集「櫻井さんの一週間」では、知られざる櫻井さんの日常の素顔を紹介しています。お茶目で、かわいらしい少女のような一面、「一人の娘」として自宅で母以志さんの世話を焼くことに喜びを感じる姿、そして「物書き」としての苦悩の吐露…。
自らには厳しくありながら、人にはやさしさと思いやりを忘れない人となりを、生で感じたリポートです。

櫻井さんが「櫻井さん」である外見上のポイントにもなっているヘアースタイル。30年以上にわたりケアを担当する専属美容師、桑野眞澄さんに聞いた「進化する〝よしこヘアー〟」では、この20年余の間、さりげなく、時に大胆に、進化してきた髪型とそれぞれのポイント、桑野さんらを通じた櫻井さんの人柄を紹介。さらに、いつも髪をきちんと整えているそのワケを櫻井さん自身が語ります。

頁数306頁 出版社日本工業新聞社 発売日2017/3/24
  • bookを購入
凛たる国家へ 日本よ、決意せよ 論戦2016

凛たる国家へ 日本よ、決意せよ 論戦2016

動揺する世界、私たちに乗り切る覚悟はあるか。内向化する米国、膨張する中国、捏造するメディア…いまこそ決着の刻!! 変わりつつある秩序のなかで、世界のメインプレーヤーとなるための要件とは? メディアに蔓延る「俗論」を櫻井よしこが一刀両断!
【巻頭カラー写真付録つき!!】

頁数272頁 出版社ダイヤモンド社 発売日2016/7/28
  • bookを購入
日本の未来

日本の未来

「世界の警察」を放棄したアメリカ。拡大の一途を辿る無差別テロ。こうした国際情勢を横目に軍備拡張で覇権を目論む中国―。しかし、どの国も中国がアメリカに取って代わることを望んではいない。世界が期待する国、それは日本である。国際社会を牽引するリーダーになるためには何が必要か。その答えを明快に示す!!

頁数288頁 出版社新潮社 発売日2016/5/18
  • bookを購入
「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産経セレクト S 6)

「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産経セレクト S 6)

安保法制・安全保障問題、憲法、自衛隊、中国の拡張主義……日本人は真実を知らされているか。
報道・言論への圧力? 戦争が近づいている? 立憲主義を破壊?
民意を軽視し、印象操作をしているのは誰か。

世論誘導システムが明々白々!
自作自演の「ジャーナリズム」を、日本人は知るべきだ。

言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長のタッグ、
ベストセラー『「正義」の嘘』に続く第2弾!
元朝日新聞記者・永栄潔氏をはじめ、論客を招いて戦後日本の歪みをひもとく。

この国の煽動者は、60年安保から変わっていない!

頁数268頁 出版社産経新聞出版 発売日2016/5/12
  • bookを購入
日本の試練 (新潮文庫)

日本の試練 (新潮文庫)

中国漁船が日本の領海を侵犯し、海上保安庁の船に体当りする事件が発生した。中国による明白な国際法違反であるにもかかわらず、日本政府は犯罪者である船長を無罪放免とした。狡猾な外交手法を弄し覇権を狙う中国。愚の一言に尽きる我が為政者の判断。未曾有の大震災による深い傷痕。暴走する福島第一原発――。直面する試練に打ち克つため国民は何をなすべきか。力強き国家再生論。

頁数380頁 出版社新潮社 発売日2016/2/27
  • bookを購入
戦後七〇年 国家の岐路―――論戦2015

戦後七〇年 国家の岐路―――論戦2015

戦後70年、「神風」が吹いている。
節目の年、日本は「どちら」に向かうべきか?
憲法改正、中国外交、安倍談話、朝日誤報、
慰安婦問題、集団的自衛権、沖縄基地、イスラム国…
この国に蔓延する「俗論」を人気ジャーナリストが「一刀両断」!!

--
中国が力づくで他国の領土や海を削り取り続け、一向にその蛮行を止めようとしない。
諸国は中国の脅威を切実に感じ取り、日本に対して、
普通の民主主義国家となって、アジアを支えてほしいと切望している。
安倍首相と日本にとって、まさに神風が吹いているのである。
いまほど世界が日本を求めている時代はない。(本文より)
--

頁数272頁 出版社ダイヤモンド社 発売日2015/7/17
  • bookを購入
新アメリカ論

新アメリカ論

オバマ大統領が「アメリカは世界の警察ではない」と発言してから、
世界が揺れ動いている。
ロシアはクリミアを奪い、中国は南シナ海で蛮行を繰り返している。
イスラム国を巡って中東の大混乱は続いている。
戦後、ずっと手を携えてきた日本は、これからアメリカとどう付き合えばいいのだろうか。
外交、軍事、歴史認識、エネルギー、メディア、中国問題 …
豪華執筆陣が多角的にアメリカの現実を論じる!
日本は「内向きアメリカ」とどう付き合えばいいのか。
日本の針路を考えるとき、アメリカを知らないではすまされない!!

頁数384頁 出版社産経新聞出版 発売日2015/7/15
  • bookを購入
日本人のための憲法改正Q&A--疑問と不安と誤解に答える決定版

日本人のための憲法改正Q&A--疑問と不安と誤解に答える決定版

「憲法を改正すると、平和が守れなくなる」という声を聞きます。本当にそうでしょうか。
憲法改正について、「よくわからない」に明快に答えるために50のQ&Aを用意しました!
「答え」を読むだけで、憲法改正の論点が驚くほどよくわかります!

Q憲法を改正すると、平和主義を捨てることになりませんか?
Q自衛隊は違憲ですか、第9条に反しているのですか?
Q日本が戦争に巻き込まれなかったのは、第9条のおかげではないのですか?
Q憲法が改正されると、若者が戦場に送られると言う学校の先生がいますが?
Q憲法前文には理想が書いてあるといわれますが、何が問題ですか?
Q憲法に伝統や国柄を明記することは、価値観の押し付けではないですか?
Q天皇を「元首」と明記することは憲法の趣旨に反しないでしょうか?
Q「公益」を理由に人権を制約することは、憲法の理念に反していますか?
Q国家緊急事態条項の導入は、国民の権利や自由を制限することになるので危険ではないですか?
Q憲法に「家族の保護条項」を加えると、「個人の尊厳」が後退しますか? など

頁数288頁 出版社産経新聞出版 発売日2015/4/27
  • bookを購入
日本の敵

日本の敵

戦後70年の今、真なる敵を見極めよ。
歪んだ「対日非難」に打ち克ち、呪縛を解き放て!
軍拡と挑発を続ける中国、
反日に凝り固まる韓国、
真の史実に向き合わない朝日新聞、
明確な世界戦略を描けないオバマ外交、
新たな脅威となったイスラム国……
これら内外の敵に対し、我々はいかに立ち向かい、行動すべきか。
かつてない歪んだ対日非難が湧き起こる中、強き日本が進むべき道を
明快に指し示す!
全国民、必読の書!
歪んだ「対日非難」を糾す!
ウソと捏造だらけの「習近平発言」に惑わされるな!
絶望的意固地の「朴槿恵政権」に、明日はない!
「拉致問題」を解決できるのは日本だけだ!
弱い日本を望む米国の「反日言説」を見逃すな!
体質は不変。「朝日新聞の謝罪」に騙されるな!
「沖縄の民意」は中国を喜ばせるだけだ!
「イスラム国」を生んだ「米国の無関心外交」を注視せよ!
「中国は悪者」がアジア諸国の共通認識である!
「集団的自衛権」行使なくして領土、領海、国民は守れない!
「慰安婦問題」は虚構である。歴史闘争に負けるな!

目次
第1章 本当の敵を見極める眼力を持て
第2章 中国と韓国には堂々と対峙せよ
第3章 正しく歴史を知れば国力は強化される
第4章 朝日新聞は廃刊を回避できるか
第5章 朝日の凋落が始まった
第6章 これからの日本を創るために

頁数272頁 出版社新潮社 発売日2015/3/31
  • bookを購入
「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか

「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか

慰安婦問題、「吉田調書」・原発、安全保障関連、佐村河内問題、南京事件、集団自決、百人斬り…戦後日本の真実はなぜ歪められたか。
誤報、虚報? はたまた捏造なのか?
偏向、反日なのか?
真実が歪められた理由は、"日本型組織の崩壊"(?)では片付けられない!
平和、弱者、隣国、原発…戦後正義の暴走が一目瞭然!
言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長が初タッグ!
6人の論客を招いて戦後日本の謎をひもとく。
なぜ彼らは日本を貶めるのか、
いまこそ日本人は知るべきだ

頁数272頁 出版社産経新聞出版 発売日2015/3/18
  • bookを購入


このページのトップへ